• slide01
  • thumb01
果菜きゅうりメーカー在庫あり
きゅうり まいしん 350粒
希望小売価格
11,858円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
収量・果形・耐病性、3拍子の安定
Responsive image
・播種期:
 【抑制・越冬】8月播き・9月播き
 【つる下ろし】9月播き・10月播き
 【半促成】1月播き・2月播き・3月播き

・収穫期:
 【抑制・越冬】9月収穫・10月収穫・11月収穫・12月収穫・1月収穫・2月収穫
 【つる下ろし】10月収穫・11月収穫・12月収穫・1月収穫・2月収穫・3月収穫・4月収穫・5月収穫・6月収穫・7月収穫
 【半促成】3月収穫・4月収穫・5月収穫・6月収穫・7月収穫

・果実サイズ及び特徴:
 【果形】頭から尻部まで肉付きの良い円筒形果。果揃い良く、果形の崩れは少ない。
 【果色】極濃緑で光沢にすぐれ、高・低温期でも退色しない。
 【果長】100〜120gで20〜21cm

・草姿:
 【主枝】茎は中太でスムーズな伸長をし、高温期でも徒長しにくい生育をする。
 【子枝】中太で中位の枝が各節より順次発生
 【孫枝】中太枝が安定して発生。

・耐病性:
 カッパン病に強い耐病性。

・コート/生種:
 生種

その他補足説明:
 【収量】中太の枝が動くが、雌花連続性が高く、果実肥大性があるので、後半まで安定した収量がある多収型品種。
 【雌花率】※各節1〜2果成(1果成中心)
 (8月〜9月)主枝:40%〜50%、子枝:70%〜80%
 (1月〜3月)主枝:60%〜70%、子枝:80%〜90%
特性

1.主枝成性があるので初期より多収

2.果実肥大性があり、果形の安定性が抜群

3.カッパン病への耐病性品種

栽培要点

・育苗:植穴は2~3日前に十分灌水しておく。・本葉3~3.5枚の苗を定植する。

・定植~摘芯:定植後は早期活着に努め素直に生育させる。・果実肥大性がある品種なので、特に高温期~低温期に向かう栽培においては、中半~後半に生殖生長になりやすいので、少し草勢を強めに管理し、順調に枝が発生するように持っていく。

・整枝:高温期の栽培の場合は中段~上段の孫枝を、2~3本放任して生長点を確保する。・低温期の栽培の場合は、下段の孫枝と上段の子枝を2~3本放任して生長点を確保する。

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品