• slide01
  • thumb01
葉菜はくさいメーカー在庫あり
白菜 晴黄90(はれぎ) 20ml
希望小売価格
9,240円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
べと病に耐病性で耐寒性と晩抽性にすぐれる冬どり中晩生種!
Responsive image
【播種期】
・中間地:①8月播き②9月播き
・暖地:①②9月播き

【収穫期】
・中間地:①12月収穫②1月収穫、2月収穫
・暖地:①1月収穫②2月収穫、3月収穫


●べと病に耐病性
各種病害に強いが、特にべと病に強い。葉べと・肋べとともにほとんど発生は見られず、安心して栽培できる。

●耐寒性・晩抽性にすぐれる
耐寒性にすぐれ、球色が極濃緑色のため、厳寒期でも色あせが少ない。また、抽苔性が安定しており、球内の芯伸びが遅いため、在圃性にすぐれる。

●生理障害に強い
石灰欠乏症(縁腐れ・芯腐れ)やゴマ症などの生理障害の発生が少なく、栽培が容易。

●草姿立性で管理作業が容易
外葉は強健で立性のため、追肥や薬剤散布が容易で、結束作業もスムーズ。

栽培の要点
●播種適期を厳守
本種は耐寒性にすぐれる反面、低温結球性がやや劣るので、播種適期を厳守し、若苗定植で初期生育を順調に進め、根張りのよい強健な株作りを行う。

●冬どりは結束が必要
2月~3月上旬の厳寒期収穫をねらった作型では、12月下旬ごろに結束が必要。結束時は、事前に害虫防除をしておくことが大切。

●収穫まで肥効を持続させる
追肥を確実に行い、じっくり生育を進め、収穫時まで肥効を保つ。特に結球期の肥切れや乾燥は、玉の肥大が劣るので注意する。

●根こぶ病の防除
根こぶ病の耐病性は、従来の「黄ごころ」シリーズと同等である。栽培地によっては発病の懸念があるので、発生地では通常の防除が必要。
※根こぶ病は、菌の種類によっては発病する場合があります。


※メーカー名:タキイ種苗
購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品