• slide01
  • thumb01
葉菜はくさいメーカー在庫あり
白菜 きらぼし77 L5,000粒(缶)
希望小売価格
14,410円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
根こぶ病に幅広い耐病性!年内どり黄芯の中早生種!
Responsive image
【播種期】
・中間地:①8月播き②8月播き、9月播き
・暖地:①8月播き②9月播き

【収穫期】
・中間地:①11月収穫②12月収穫
・暖地:①11月収穫、12月収穫②12月収穫


●根こぶ病耐病性を向上
生育が強健で、従来のタキイCR系品種の根こぶ病に対する耐病性をレベルアップさせた、黄芯系の年内どり中早生種。

●肥大性にすぐれ栽培容易
球姿は尻張り・胴張りのよい砲弾形で、玉の肥大も良好。玉ぞろいがよく、耐病性とあいまって栽培が容易。

●葉質やわらかく品質良好
球内色は濃黄色でカット販売で好適。葉質がやわらかく、白菜本来のみずみずしい風味があり、浅漬にも最適。
栽培の要点
●播種適期を厳守する
むやみな早まきは病害の発生が懸念される一方、遅まきすれば結球性や玉の肥大が劣ってくるので、播種適期を守る。

●外葉のでき過ぎに注意
元肥の過剰施肥は初期の外葉ができ過ぎ、株張りに比べて根張りが劣るため、生育後半に病害が発生したり、形状が長玉となったりするので、元肥をやや控えて、追肥を2~3回程度施すようにする。
1回目は定植後10~14日ごろ、2回目は結球初めのころを目安とし、その後の追肥は生育状況に応じて対処する。

●病害対策
多雨や干ばつなどの不良条件が重なると、べと病・細菌病の発生が見られるので、薬剤散布は初期より定期的に、株元にしっかりと散布する。
※根こぶ病は、菌の種類によっては発病する場合があります。


※メーカー名:タキイ種苗

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品