• slide01
  • thumb01
果菜とうもろこしメーカー在庫あり
とうもろこし ゴールドラッシュ86 2,000粒袋
希望小売価格
6,050円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
特性
Responsive image
  • 播種期:(高冷地・冷涼地)トンネル4月・5月、マルチ5月・6月(一般地)トンネル3月・4月、マルチ4月・5月(暖地)トンネル3月、マルチ4月・5月
  • 生育日数:一般地マルチ栽培で「ゴールドラッシュ」より3日ほど遅い、中生イエロー品種86日タイプです。
  • 収穫期:(高冷地・冷涼地)トンネル7月・8月、マルチ8月・9月(一般地)トンネル6月・7月、マルチ7月・8月(暖地)トンネル6月・7月、マルチ7月
  • 果実サイズ及び特徴:「ゴールドラッシュ」よりやや粒皮がかためですが、さわやかな甘みで食味がよいです。また、高温期でも「ゴールドラッシュ」よりしなびにくく、収穫適期が広いです。雌穂はシリンダー形でそろいがよく、先端不稔も少ないので秀品率が高いです。また、「ゴールドラッシュ」より一回り大きく、収量性が高いです。
  • 草姿および草勢:草姿はややコンパクトで背丈もやや低いです。分けつも少なめですが、倒伏しづらく、管理がしやすいです。
  • 耐病性:紋枯病に比較的強い。
  • 適作型[耐暑性・耐寒性][トンネル・露地・ハウス]:トンネル・マルチ
  • コート/生種:生種
適応性

トンネル後半から栽培可能ですが、「ゴールドラッシュ」ではしなびの発生や雌穂が小ぶりになる可能性がある一般地のマルチ栽培で、とくにその能力を発揮します。寒冷地や一般地のごく遅まき(5月中旬以降)では包皮のかぶりが短くなりやすいので注意します。

圃場準備、播種

スイートコーンは比較的適応性が広い作物で、畑をそれほど選びませんが、堆(たい)厩肥(きゅうひ)や緑肥を施して排水性・保水性・保肥性を兼ね備えた健全な畑を維持します。肥料は窒素、リン酸、カリそれぞれ10a当たり25㎏を標準とします。窒素分については1/2を元肥、残り1/2を追肥として施します。

栽植密度は地域や栽培型によっても異なりますが、10a当たり4,200株(畝間80~90㎝、株間27~30㎝)が目安となります。

発芽そろいをよくするには、地温が13℃以上を確保してから1穴3粒まきとします。温度だけでなく適度な土壌水分も発芽に影響するので注意が必要です。

管理

本葉5枚のころに、生育の早すぎる株や遅い株をハサミで切って1本立ちにして、間引き後の生育をそろえることで、管理や収穫が容易となり秀品率もアップします。追肥はこの間引きの時期と雄ずいが抽出する直前ごろの2回に分けて即効性の窒素肥料を施します。過度の乾燥時には灌水を行うと、生育が順調になり穂重の低下や先端不稔を軽減し、収穫後の品質維持にも効果があります。

収穫

「ゴールドラッシュ」より登熟が遅く、若どりでは甘みが十分に乗り切らないので、先端の粒が十分に着色し、ふくらみきってから収穫します。地域によっても異なりますが、露地マルチ栽培では絹糸抽出後23~25日が収穫の目安です。収穫時期が近づいてきたら、登熟状況を確認します。スイートコーンは食味が命なので、品種にあった適期収穫を行います。また、品温の上がる前の朝どりや予冷・保冷を行うと品質維持に効果的です。



※メーカー名:サカタのタネ

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品