• slide01
  • thumb01
果菜ミニトマトメーカー在庫あり
ミニトマト PRIMAX アイコ 1,000粒袋
希望小売価格
21,100円(税抜)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
特性
Responsive image
  • 播種期:(高冷地・冷涼地 夏秋)2月・4月(一般地 抑制・促成・半促成)5月・7月・8月・9月・10月・11月(暖地 抑制・促成)6月・7月・9月
  • 収穫期:(高冷地・冷涼地 夏秋)6月・7月・8月・9月・10月(一般地 抑制・促成・半促成)1月・2月・3月・4月・5月・6月・8月・9月・10月・11月・12月(暖地 抑制・促成)1月・2月・3月・4月・5月・6月・9月・10月・11月・12月
  • 果実サイズ及び特徴:果実はプラムタイプです。肉厚でゼリーが少なく、高糖度です。丸玉とは異なる食感で、食味極良です。果実はテリがあり、果色が鮮やかです。
  • 草姿および草勢:草勢はややおとなしく、つくりやすいです。裂果の発生が少なく、上物率が高いです。房どりも可能です
  • 耐病性:萎凋病(F:R-1,2)、ToMV(Tm-2a型)、葉かび病、斑点病に抵抗性のミニトマトです。
  • コート/生種:プライマックス種子
  • その他補足説明:下段はシングル花房で、上段からダブル花房となり、多収です。
適応性

促成・夏秋栽培に最も適し、抑制栽培も可能です。

育苗管理

播種床の地温は25~28℃とし、播種後14日ぐらいの本葉1.5枚時に移植を行います。葉と葉が接触するころに苗広げを行い、育苗面積を十分にとります。肥料不足のときは液肥などで追肥を行います。ミニトマトで問題となる異形株の発生はありません。

定植準備

作付け前に圃場の土壌診断を行い、適正な肥料設計を立てます。元肥量は團場により異なりますが、10a当たり成分量で窒素15~20㎏、リン酸20~25㎏、カリ15~20㎏を標準とします。

定植・栽培管理

定植は第1花開花前を基本とし、若苗定植も可能です。灌水は、1段着果~果実肥大期ごろを目安に行い、初期からスムーズに生育させます。追肥は3段花房開花ごろを目安に草勢を見て行います。

栽培上の注意点

 ・草勢がややおとなしく、着果性がよいので、早めの灌水、追肥による樹勢の維持がポイントです。

・ 温度管理は最低夜温10~11℃で管理し、マルハナバチを使用する場合12℃程度を確保するようにします。従来の品種と比較して花粉の稔性はよいです。

・ 裂果に強く、日もち性がよいので、赤熟収穫を心がけます。

・ 抑制栽培等の高温期の栽培では、花数が多くなり小玉傾向となることがあるので、元肥をやや控えめにし、極端な若苗定植をさけるようにします。上段が多花傾向になった場合は、花数を制限します。

・ 節間はやや伸びるので、長段栽培では斜め誘引を行います。

・ ヘタは丸玉と比較してとれやすく、ヘタつき出荷の場合、注意します。


※メーカー名:サカタのタネ

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品