• slide01
  • thumb01
果菜トマトメーカー在庫あり
トマト PRIMAX 麗妃(れいき) 1,000粒袋
希望小売価格
38,500円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
特性
Responsive image
  • 播種期:(一般地)5月・7月・8月・9月・10月・11月(暖地)6月・7月・9月
  • 収穫期:(一般地)1月・2月・3月・4月・5月・6月・8月・9月・10月・11月・12月(暖地)1月・2月・3月・4月・5月・6月・9月・10月・11月・12月
  • 果実サイズ及び特徴:果実は豊円腰高で果形の安定度も極めて高い。果色・色まわりが優れ、秀品率が極めて高い。裂果の発生が少なく、極硬玉で日もちがよいため赤熟収穫が可能。
  • 草姿および草勢:草勢は中程度。早生で栽培の後半までスタミナがある。チャック果、窓あき果、空洞果、スジ腐れ果の発生が少なく秀品率が高い。春先の軟化玉の発生も少ない。
  • 耐病性:萎凋病(F:R-1,2)、根腐萎凋病、ToMV(Tm-2a型)、半身萎凋病、葉かび病、斑点病に抵抗性でネマトーダに耐虫性、TYLCV(トマト黄化葉巻病イスラエル系統、マイルド系統)に耐病性の赤熟出荷向き大玉トマト。
  • 適作型[耐暑性・耐寒性][トンネル・露地・ハウス]:
  • コート/生種:プライマックス種子
  • その他補足説明:食味は肉質良好で、甘酸のバランスがよい。着果性がよく、下段より果実の肥大力があり、多収。
適応性

抑制栽培および促成栽培に最も適し、半促成栽培も可能。

育苗管理

播種床の地温は25~28℃とし、播種後14日前後の本葉1.5枚時に移植を行います。葉と葉が接触するころに苗広げを行い、育苗面積を十分にとります。肥料不足の時は液肥等で追肥を行います。

定植準備

作付け前に圃場の土壌診断を行い、適正な肥料設計を立てます。元肥量は圃場により異なりますが、10aあたり成分量で窒素12~15kg、リン酸15~20kg、カリ15~20kgを標準とします。

定植・栽培管理

定植は、がく割れ~第1花開花ころを基本とし、極端な若苗定植は避けるようにします。灌水は、第1段着果~果実肥大期ころを目安に行い、初期からスムーズに育成させます。追肥は4段花房開花ころを目安に草勢を見て行います。

病害虫防除

青枯れ病の汚染圃場では、「バックアタック」、「フレンドシップ」、「ブロック」などを用いて接木栽培を行います。また、CMV、TSWVに対する耐病性はなく、TYLCVに対しても保毒型耐病性なので、アブラムシ、アザミウマ、コナジラミなどの防除を徹底します。

栽培上の注意点

・草勢が中程度でスタミナのある品種ですが、着果性が優れ、低段から果実の肥大もよいので、草勢の維持がポイントとなります。

・灌水不足は尻腐れ果の発生を助長するので、天候に合わせて、少量多回数の灌水管理を行うとよいでしょう。

・果実が硬く、日もちのよい、赤熟収穫向き品種ですが、強日射や圃場の乾燥、窒素過剰により、栽培初期に同心裂皮が発生することがあるので注意します。

・厳寒期でも比較的採光性のよい品種ですが、果実が葉で覆われることがあるので、玉だし作業を実施します。葉かび病抵抗性で農薬散布をかなり軽減できますが、疫病、すすかび病、うどんこ病などの防除を怠らないようにしましょう。


※メーカー名:サカタのタネ

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品