• slide01
  • thumb01
根菜大根メーカー在庫あり
大根 冬みねセブン 20ml袋
希望小売価格
1,243円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
特性
Responsive image
  • 播種期:(一般地)10月(暖地)10月
  • 生育日数:生育後半が厳寒期に当たり耐寒性が必要となる作型で、葉数が非常に多く、外葉が枯れても次々と葉が展開し抽根部の凍害を防ぎ厳寒期でも安心して使えます。
  • 収穫期:(一般地)1月・2月・3月(暖地)2月・3月
  • 果実サイズ及び特徴:低温伸長性があり、長さのとれるダイコンです。
  • 草姿および草勢:草姿が非常にコンパクトで暖地の密植栽培や、温暖地のマルチ・トンネル霜よけ栽培に向きます。
  • 適作型[耐暑性・耐寒性][トンネル・露地・ハウス]:肌に非常にテリがあり、マルチ・トンネル霜よけ栽培はもちろん露地栽培でも肌テリのある上品なダイコンが収穫できます。
  • コート/生種:生種
  • その他補足説明:栽培期間の長いこの作型において青首内部が青肉になりにくく肉質もち密で、生食はもちろん、とくにおでん、刺し身のツマなどの加工にも向きます。
適応性

温暖地と暖地に大きく使い分けられます。温暖地では、露地、マルチ・トンネル霜よけ栽培で9月下旬~10月上旬まき、1月中旬~2月上旬どり、暖地では、露地で10月上旬まき、2月~3月中旬どりで能力を発揮します。

この品種は、比較的、早いステージで根形がまとまり、その後根長・肥大のバランスを保ちつつ、上から下まで均一に成長していきます。

土壌適応性は、火山灰土、砂壌土の他、粘質壌土での栽培にも適します。

気候によっても変わりますが、3月中旬以降になると抽だいの危険性があります。

土づくりと畑の準備

何をつくるにもまず土づくりが重要となりますが、とくにダイコンでは、未熟堆肥の投入は、岐根の原因やセンチュウ、雑草などの混入を招くおそれがあります。十分に完熟させた無臭微生物肥料「バイテクバイオエース」などの堆肥が安心して使うことができ、連作圃場の土壌改良にも有効です。播種前に十分に深耕しておき、元肥は10a当たり成分量で窒素10㎏、リン酸15㎏、カリ10㎏を標準とします。

播種

栽植密度は、地域や栽培型によって異なりますが、標準は畝間50cm×株間25㎝。畝間45㎝×株間20㎝ぐらいまでの密植は可能です。早まきは長根や曲がりの原因に、遅まきは短根や生育不良の原因となるのでさけます。

管理

この作型では、生育中期から低温・乾燥が続き、寒風による霜害・凍害が発生します。とくに生育後半の肥料切れは、葉の黄化や葉枯れを起こすだけでなく、根の肥大不足や肌の老化などの品質低下を助長するので、早めに追肥をします。また霜が降りる前にべたがけやトンネル被覆を行うことで霜害・凍害による症状を軽減できます。

品種の使い分け

同作型に「冬みね」という暖地で幅広く愛用されている品種があります。

「冬みね」は露地栽培専用品種で、「冬みねセブン」は露地、マルチ・トンネル霜よけの兼用品種です。

また、根長の出にくい畑にも適します。


※メーカー名:サカタのタネ

購入者レビュー
総合評価星5つ中の0
0件のレビュー
おすすめの商品