• slide01
  • thumb01
殺虫メーカー在庫あり
殺虫剤 アファーム乳剤 500ml
希望小売価格
13,035円(税込)
0(0)
  • 会員登録でお住まいの都道府県・市区町村を登録すると、商品の地元特価をご確認頂けます。
  • さらにお住いのご住所を登録すると、地元特価でお得に商品をお買い物頂けます。
  • 会員登録および地元特価についての詳細は「ご利用ガイド」をご覧ください。
メーカーと専門店について
この商品をシェアする
商品説明
広範囲の害虫に有効です!

※オアシス換算10a当たり1回使用参考価格


登録番号: 第19842号
種類名: エマメクチン安息香酸塩乳剤
有効成分: エマメクチン安息香酸塩:1.0%
毒物及び劇物取締法: 非該当
危険物: 第4類第2石油類
性状: 淡黄色澄明可乳化油状液体
有効年限: 5年

<特長>
・作物の生育時期を選ばず、害虫の発生に応じた使用が可能。確実な効果が期待できます。
・ハスモンヨトウ、オオタバコガなどの大型チョウ目に、速効性を発揮します。
・コナガ、アザミウマ類、ダニ類、ハモグリバエ類など、複数の害虫を同時に防除します。
・収穫前日数が短く、適用作物も60種類以上と幅広く使えます。
・速やかに分解し、長く残りません。
・有効成分は自然物に由来、作物にも環境にも散布者にも安心です。


※メーカー名:シンジェンタジャパン
適用表
Responsive image

1

適用表
Responsive image

2

適用表
Responsive image

3

適用表
Responsive image

4

適用表
Responsive image

5

適用表
Responsive image

6

上手な使い方

アファーム乳剤の特長は、効果の発現が速いことと、殺虫活性の幅が広いことです。この特性により次のような使用上のメリットが得られます。

大型チョウ目害虫の老熟幼虫もすばやく防除できます。

チョウ目害虫だけでなく、アザミウマ類、ハモグリバエ、ハダニ、サビダニ、ホコリダニなどを同時に防除できます。

ヨトウムシまたはアザミウマ類を中心とした散布体系で、ダニ類やハモグリバエの密度抑制を同時にすることがで きます。

(1)キャベツやはくさいの場合

成分の分解が速いので、残留を気にせず収穫7日前まで使えます。また、薬害を心配せずに幼苗から収穫前の止め散布にも安心して使用できます。

チョウ目害虫は抵抗性をつけやすいので、アファーム乳剤はローテーションの1剤とし、持続効果に優れるマッチ乳剤、BT剤、その他系統の異なる薬剤を交代で散布しましょう。

(2)果菜類の場合

分解が速く収穫の前日まで使えます。

ミカンキイロアザミウマ、チャノキイロアザミウマ、ミナミキイロアザミウマに効果があります。散布時に存在する成虫および幼虫をすばやく防除します。残効性は1週間程度ですので、成虫の飛び込みが頻繁な場合には1週間間隔で散布してください。また、抵抗性の発達を回避するため、アクタラ顆粒水溶剤や系統の異なる薬剤などと輪番で使用してください。(適用作物について注意してください)

オオタバコガ、ハスモンヨトウなどの大型チョウ目の防除ができます。発生を認めてからでも効果があります。 マッチ乳剤などの予防剤との輪番で使用するとより経済的で、抵抗性の予防にもなります。

チョウ目害虫やアザミウマ類の防除と同時に、ハダニ、サビダニやホコリダニの密度も抑制しますので効率的です。

効果・薬害等の注意

蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。

ミツバチ及びマルハナバチ等に対して影響があるので、以下のことに注意してください。

ミツバチ及びマルハナバチ等の巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。

受粉促進を目的としてミツバチ及びマルハナバチ等を放飼中の施設や果樹園などでは、散布直後から1日後まではハチを移動させるか巣門を閉じてください。

関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。

本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。

なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

誤飲に注意してください。

誤って飲み込んだ場合には吐かせないで、直ちに医師の手当てを受けさせてください。

原液は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。

眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。

本剤は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。

付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。

散布の際は保護眼鏡、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。

環境保護上の注意

本剤は自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石に散布液がかかると変色する恐れがあるので、散布液がかからないよう注意してください。

使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

貯蔵上の注意

危険物第四類第二石油類に属するので火気には十分注意してください。

火気をさけ、直射日光が当らない低温な場所に密栓して保管してください。

安全データシート